独創性を身につける ワンランク上の発想を


独創性とは
オリジナリティは美しい生き方から

独創的な人は、奇抜な事を考えているわけではない。独創的な人とは、物事を突き詰めていった結果、他者が思いつかない領域に至った人の事である。

英語ではオリジナリティ。

独創的な作品を考える前に、独創性に欠ける作品を考えてみる。例えば、過去の作品を模倣したり、組み合わせただけのもの。常識の範疇にとどまるもの。

逆に、独創的な作品では、模倣だけでなく進化させた上で、作者の個性が出ている。

芸術の世界では、皆何とか独創的なものを創ろうと試みている。しかし、後世に残る作品は奇抜なだけではなく、普遍性や真理を感じさせるものである。

音楽で言えば、一時の流行に終わらない曲にはやはり普遍性がある。独創的であろうとするあまり、独善的になりがちである。個性を出そうとしすぎて、エゴになってしまうように。

この記事で唯一覚えて欲しいコツをご紹介する。それは、

「大きな事のために生きる」

である。

そうすると、単なる変わった発想ではなく、天からアイディアが降りてくる。

あなたが芸術家でなくても構わない。お絵描きでも、普通の仕事でも、神がかった仕事ができるようになる。

自分個人のためということを超えて自分自身を使おうとした時に、持って生まれた本来の才能が目覚めるように出来ている。本当に自分の仕事なのだろうか?と思うぐらいの事ができるようになる。同時に、多くを与えられている事に感謝が湧いてくるはずだ。

大きな生き方に興味のある方はこちらから

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


独創性を身につける ワンランク上の発想を」への12件のフィードバック

  1. >オリジナリティは美しい生き方から

    本当にそうなのでしょうね(^^)
    小手先だけではない奥深さを感じながら読ませて頂きました☆

    1. 弘美さん

      剣道の小手ってまさにそういうイメージだったんでしょうね(^^)
      王道、基本を大切にしたいです。

  2. 大きな生き方に興味が湧いてきました(笑)
    独創性という言葉、字だけをみると
    寂しい気がしますが実はとても素的なことですね
    >独創的な人は、奇抜な事を考えているわけではない。
    >独創的な人とは、物事を突き詰めていった結果、
    >他者が思いつかない領域に至った人の事である。
    ここの言葉で既に癒されていました(^^)

    1. あやこさん

      先駆者あるあるですね(笑) 道を開くものは孤独な面もありますが、やれている時点で既に報われている気がします。

  3. >そうすると、単なる変わった発想ではなく、天からアイディアが降りてくる。

    これが一番良いですね 楽に創れる ただそれに至るには発想の転換が必要でここのHPへ行くとインスピレーションがポンポン降りて来る。 

    1. みのるさん

      ある方がいつもおっしゃっている事ですね(^^)
      発想の転換が必要と( ..)φメモメモ

  4. >独創的な人は、奇抜な事を考えているわけではない。独創的な人とは、物事を突き詰めていった結果、他者が思いつかない領域に至った人の事である。

    とても共感して読ませていただきました
    愛があるから深く突き詰められるように思いますね(*^^)
    独創的な人ほど案外普通のだったりもすることもあるかもしれませんね

    1. ミラクルさん

      本来の普通は、常識的な普通からするとちょっと違って見えたりするかもしれませんね。愛が深くなるほどごく普通のただの人間に還る気がします(^^)

  5. 大きな事のために生きると
    心豊かに軽やかに
    オリジナリティを発揮できるから
    個性が自然に磨かれてゆくのだなと感じました(*^^*)

  6. 「大きな事のために生きる」
    まさにワンランク上の発想をするコツですね☆彡
    大きなことがスッキリと書かれていて
    清々しい気分になります(*”▽”)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です