塞翁が馬 その意味と人生を生きるヒント 平常心


ことわざから紐解く生き方
ことわざから紐解く生き方

生きていく上で、人によってこの言葉が好きだなと感じることや
座右の銘などもあるでしょう。

先日、"塞翁が馬” が座右の銘だという人がいました。

正確には、
人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)。
"じんかん”とも読む。

ちょっと調べてみると

デジタル大辞泉より
人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。

≪昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が
胡(こ)の地に逃げたが、数か月後、胡の駿馬(しゅんめ)を連れて帰ってきた。

その老人の子がその馬に乗り落馬して足を折ったが、
おかげで兵役を免れて命が助かったという故事から。≫

中国の「淮南子(えなんじ)」という書の
「人間訓(じんかんくん)」という部分に載っている話らしいですね。

 

想像してみると
自分の馬が逃げてしまったら、がっかりもしてしまいそう。

でも、その馬が駿馬を連れて帰ってきたら、
嬉しいなと思って喜ぶけれど、

その馬に乗っていてケガをしてしまったら、
また落ち込んでしまったり。

でもそのケガのお陰で、兵役を逃れて命が助かったとしたら
長い目で見て有難いと思うかもしれない。

これだけでも、
「人生の禍福は転々として予測できない」とも言えそうです(^^;

 

生きる目的を見て着実な歩みの中で

幸せだと思っていたものが不幸の原因に思えたり
災いの種だと思っていたのが、幸運に繋がっているように思えたり。

誰の人生でも振り返ってみるとありそうですね。

・第一志望の学校に落ちてがっかりしたが、
仕方なく行った第二志望の学校での出会いから
大きく人生が動いたとか

・体調を崩して暫く休んだことは辛かったけれど、
自分の時間を持つことができて、その時に考えたことが
転機になったとか。

ある程度の年月を生きていけばいくほど
実感を伴ってくることわざかもしれません。

なかなか、その時点では掴みきれないこともあって
私達はその一時の状況で、喜んだり悲しんだりしがちだけど、

でも、振り返ってみると解釈は全然違っていたりする。

 

だから、上手くいったと思って喜ぶのはいいけれど、
あまり有頂天に、はしゃぎすぎることもなく

逆に失敗したなと思って、そこから改善点を拾うのはいいけれど
極端に落ち込みすぎない。

生きていると色々なことがあるけれど、
なるべく「平常心」でいけるといい、ということでもあるのでしょう。

目の前で起こったことがどういう意味に繋がるか、
今は全てを分かりきらないかもしれないけど

という少しひいた視点を持てると、また余裕が持てますね(^^)

 

そして大切なのは、
そもそもの生きている目的が自分で良く分かっていること。

それが意識に変わらずにあれば、
人生の歩みは、なるべく平常心で穏やかな流れにのっていけるといいですね。

その方が、「今」を生きられ、的確な判断もできそうです。

もちろん、自分は一喜一憂していたな、往左往していたなと
後から微笑ましく人生を振り返る瞬間があったりするのも、
面白さでもあると思いますけど(^^)

生きる目的を知り、広く深い視点からの生き方は
ぜひ、こちらもご参考になさって下さい☆彡

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


弘美 について

世界をひとつにする活動に参加しています。 誰もが愛であり、素晴らしい存在であることを実感しながら、楽しく広げていきたいです☆ よろしくお願いします。

塞翁が馬 その意味と人生を生きるヒント 平常心」への10件のフィードバック

  1. >そもそもの生きている目的が自分で良く分かっていること。
    そうなんですね。人生いつ試練が来てもその後立ち直れる出来事が廻ってくる。今を生きられる気がしてきました。

  2. みのるさん☆

    そうですね。試練と思える時も、やみくもに恐れなくてもいいのでしょうね。
    そして安心して今を生きていけるといいなと思います(^^)

  3. 人生ってわからないもので、悪いと思っていたものが、長い目で見ると実は幸せの入口だったりと、色んなサプライズがあるなぁと思います

    人生色々だけれど、愛の視点に還りながら、いま楽しんでいきたいなとこの記事を読んで思いました(^^ゞ

    1. ミラクルさん☆

      人生には色々なサプライズがあるって、本当にそうかもしれませんね(^^)
      そして、愛の視点に還りながら、今を楽しめたらすてきだなと思いました。

  4. 人生、愉快だなと (^^)
    読ませて頂きながら そんなことを
    ゆったりと思うことができました
    人生どうなるか分からないからいいんだよ
    といういつぞや聞いた言葉の解釈がよくやく
    できるようになってきたのかもしれません・・・(笑)
    平常心、今を楽しむ心
    人生はどうころんでも愛に導かれているような
    そんなことも見えてきそうですね・・・(^^)

    1. あやこさん☆

      塞翁が馬は、若い頃は実はあまりピンとはきていなかった言葉の一つかなと思いました(^^;
      愛に導かれながら生きていると思えたら、それはとても安心感がありますね(^^)

    1. TORUさん☆

      全てはうまくいっているのですね。
      そうは思えないような時でさえも(^^)

  5. 色々な展開で様々な体験を経て
    1周まわって笑えるよね~という道を楽しむと
    時空も笑い愛に貢献してると感じています(*^^*)

    1. 美和子さん☆

      色々な経験を笑いと共に生きられるとすてきですね(^^)
      素晴らしい創造だなと思いました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です