ひとつとは

ひとつとは一本の木。光(愛)を受けて堂々と立つ。

何より大切なお話をさせて頂こうと思います。

わたしたち人は

すべての命から生を受け愛を体験するためにこの地上に降り立ちました。

あまり馴染みのないお話かもしれませんが

たったひとつであるとはこの真理をおいて他にございません。

 

少しずつかもしれません。

しかし確実に世界は、この人類という存在はおおきな大きな愛によって

その「ひとつ」を感じられるようになってきています。

 

感じ、そこへもどる、あるいは創る、楽しみながら 笑いながら・・・

やがてたったひとつ(源)へと還る愛の存在がそのひとつなのです。

 

コンセプト  愛(源)の力  愛(源)のエネルギーとの対話メール  

The Creation(天地創造)  お金の流れ  各教室  ひとつとは  

「わたし」ひとつの世界を創る(実践編)

 

 ブログ 世界をひとつに      メルマガ    お問い合わせ